ニコンシステム/辻 寿彦 社長

2021年05月18日

サンデー毎日「会社の流儀」掲載

ニコン製品のソフトウェア開発からITまで
画像とデジタルで「新しい価値」を提供

ニコンシステム

辻 寿彦 社長

 株式会社ニコンシステムの設立は1986年。当初はニコンの半導体や液晶パネル用の露光装置など、産業用装置のソフトウェア開発を担う会社としてスタートした。
 その後、カメラのデジタル化を機に画像処理アルゴリズムの開発も手掛けるようになる。
また2010年以降、ニコングループの生産や販売の管理システムなどのいわゆる企業内活動を支えるITや、顧客との接点となるデジタルマーケティングまで技術領域を広げた。

 その間に培った、画像処理、数理解析、UIデザイン、WEBなどの要素技術に加えて、最近ではAIにも取り組み、それらを総動員して、ニコンが取り組むデジタルソリューションへの参画や、同社発の外販事業展開を行っている。

制御からITまで知る、
稀有なソフト会社

「グループでの私たちの役割は、企画や要件定義などの上流工程から参画し、ソフトウェア・ITのプロの技術者としてニコングループに貢献していくことだと考えています」
 と話すのは、辻寿彦社長だ。同社が設立される三年前の1983年に、親会社であるニコンに入社した辻社長はその後、半導体露光装置の設計に長年携わり、後にITソリューション本部へ異動。IT戦略の策定やIT投資の計画立案、その運用において手腕を発揮した経歴を持つ。
 2018年、登坂道子前社長に迎えられる形で同社へ入社し、19年に社長に就任。この4月に3年目を迎えた。
「登坂前社長はニコンシステムに対する愛情が深く、とてもリベラルな方でした」
 と辻社長は話す。事業の基本的な方向性は、先代の〝想い〟を受け継ぐ方針だ。

「ソフトウェア会社である当社の特長は、製品から企業内ITまでの幅広いソフトウェア技術を保有していることであり、ハードとソフトが融合した価値提供の発想が容易にできる点だと考えています」(辻社長)

『挑戦と創造』
『誠実な姿勢』

 辻社長が大切にしている二つの指針『挑戦と創造』『誠実な姿勢』は、同社が醸し出す社風を端的に表しているようだ。
「当社が大切にしているのは、新しい技術を取り込み、新しい価値を提供する『挑戦と創造』です」
 と辻社長は話す。その『挑戦』の下地となるのは、お客様の求めていることを深く想像する力であり、ロジックとしての『できる、できない』を考えるのは当然であるが、想像力を欠いた『創造』ではお客様を満足させるものにはならないからだと言う。

「そしてもう一つ欠かせないのが、信頼を裏切らない『誠実な姿勢』です。一つは、目の前の事実やデータに誠実であること。もう一つは、人に対しても誠実であること。お客様だけでなく社員同士、そして自分自身に対しても誠実であってほしいです」
 とも辻社長は話す。良いものを作るためには努力を惜しまない誠実な姿勢と、上司部下の関係を超えて議論できる風通しの良いフラットな環境が、風土や文化として根付いているようだ。

ソフト技術の融合と
効率的なソフト開発

 位置や形状の検出や表面を写すセンサー(カメラ)とアルゴリズムによって、空間認識・物体認識を行う「ロボットビジョン」が象徴するように、業界では様々な分野の技術が一つの製品に集約される「技術のクロスオーバー化」が進化している。今や多くの製品にAIが使われている潮流の中で、辻社長は「効率的な開発」の必然性を唱える。
「ニコングループの部門から類似技術の開発が絶えず依頼されますが、効率的に開発しないと、私たちのようなソフト開発企業はいくら人がいても足りなくなってしまいます。
 プロジェクトチームを越えて技術と問題点の共有を図り、ソフトの社内オープンソース化を進めていくことがこれを回避する方法であると考えています」

 良い会社であり続けるために、辻社長は人材育成の重要性を挙げる。
「社員には『スキルの育成』と同等に『マインドの育成』も必要。仕事にはいくつもの乗り越えるべき障壁がありますから、自分の成長を楽しみながら挑んでいく姿勢が大切ですね。最終的には社員全員の『笑顔』が見たいと思っています」
 と辻社長。同社は今後もニコングループの業務を中心に事業を進めることには変わりないが、グループ外へのサービスや商品の提供についてはこれまで以上に力を入れていく方針だ。

「グループ外での経験が重要だと考える背景には、外での刺激や技術研鑽があってこそ、社会に提供すべき価値に気づくことが多いからです」
 と辻社長は話す。ニコンシステムがグループ外で認知され、社員がこれまで以上に仕事に誇りを持てるような会社にしていきたい、と辻社長は語る。

【会社データ】
本社=東京都品川区西大井1‐6‐3 株式会社ニコン 大井製作所内
☎=03‐3773‐1155
設立=1986年4月
資本金=5000万円
従業員数=468名
売上高=98億3100万円
事業内容=ソフトウェア及びシステムの受託開発、パッケージ・ソフトウェアの開発・販売、システムの導入・保守及び運用の受託、各種解析および解析シミュレーターの開発、テクニカルドキュメントの制作及び翻訳
https://www.nsi.nikon.com

 

『注目企業ONLINE』は各分野における優良企業を独自に取材し、トップインタビュー形式でご紹介しています。

関連記事

  1. スバルITクリエーションズ/尾山 望 社長

  2. ケーディーアイコンズ/横山 茂樹 社長

  3. ITbookホールディングス/恩田 饒 会長

  4. ITbookホールディングス/恩田 饒 会長

  5. コムデザイン/寺尾 憲二 社長

  6. エスピック/白川 満貴 社長

『注目企業ONLINE』は「サンデー毎日」をはじめ、様々な媒体で当社が独自に取材した注目企業の掲載記事をオンライン版として公開しています。

掲載をご希望の場合はこちらまで
s-comm@s-comm.co.jp

2020年版 会社の流儀 厳選100社

Amazonにて 好評発売中!

過去の記事

「乳酸菌生産物質」に賭けた人生2

「乳酸菌生産物質」に賭けた人生1