光英科学研究所/村田 公英 社長

2019年01月07日

週刊朝日「CHALLENGE 2019」掲載

創業50周年、設立25周年の節目に
「乳酸菌生産物質」の歴史と未来を語る

光英科学研究所

村田 公英 社長

今年4月で創業50周年、法人設立25周年を迎える株式会社光英科学研究所の村田公英社長が、「乳酸菌生産物質」に出会ったのは8歳の頃、戦後間もない1948年の事だ。当時、「大谷光瑞農芸化学研究所」が開発した乳酸菌発酵代謝物質「スティルヤング」の拡販員を務めていた母親の「大変体に良いから」との勧めで飲んだのが始まりだ。

以来、「スティルヤング」を飲み続けすくすくと育った村田社長は、子供の頃から興味のあった電子工学系の専門学校に進むが、卒業後は母親の「世の中の役に立つ仕事だから」との強い説得で「大谷光瑞農芸化学研究所」に入所、「乳酸菌生産物質」の生みの親である正垣一義氏に師事し、乳酸菌の培養技術を学ぶ人生が始まることになる。

ところが入所10年後の69年4月、同研究所の経営が行き詰まり、正垣氏より「乳酸菌生産物質」の灯を消さないために「光英科学研究所」の名称と共にその研究・製造・販売が、当時正垣氏の右腕だった現名誉会長・金廣シズ子氏と村田社長に託される。それが現在の同社の誕生秘話だ。
 とはいえ、苦しい資金繰りは続き、村田社長は生計を立てるために専攻の学問を生かしてある無線メーカーに就職。休日や会社の終業後に「乳酸菌生産物質」の事業化を模索する二足の草鞋で、乳酸菌研究の灯を灯し続けてきた。

加速する原料輸出。
世界の「乳酸菌生産物質」へ

そして25年後の94年、大きなチャンスが訪れる。ある大手健康食品メーカーが「乳酸菌生産物質」の効用に着目。毎月相当量の原料購入を約束してくれたのだ。そこで村田社長は23年間勤めた無線メーカーを退職、金廣名誉会長と共に法人化を果たすことになる。村田社長53歳の頃の事だ。
 以来紆余曲折はありながらも、全国的販売ネットワークを通じて普及が進んできた「乳酸菌生産物質」は、現在では化粧品原料としてもフランスの商社を経由して中国、欧州、中南米など世界に大量に輸出されている。

メタボローム解析でも、GABA始めイソフラボン、オルニチン、レスベラトロール等、352種の発酵代謝物質が特定されており、その美肌効果の作用機序の研究論文が、城西大学薬学部との共同研究の成果として、世界的権威の海外学術誌に掲載され、大きな話題を呼んでいる。やがて海外大手企業からの逆輸入で「乳酸菌生産物質」配合のサプリメントや化粧品がマーケットを賑わすかも知れない。

【会社データ】
本社=埼玉県和光市新倉5-1-25
℡=048-467-3345
創業=1969年4月
資本金=1000万円
事業内容=乳酸菌生産物質の製造・販売、研究・開発
http://www.koei-science.com

 

『注目企業オンライン』は各分野における優良企業を独自に取材し、トップインタビュー形式でご紹介しています。

関連記事

  1. フタワ/都 築衛 社長

  2. 光英科学研究所/村田 公英 社長

  3. 光英科学研究所/村田 公英 会長

  4. 光英科学研究所/村田 公英 社長

  5. 光英科学研究所/村田 公英 会長

  6. レイクス21/池 俊明 社長

『注目企業ONLINE』は「サンデー毎日」をはじめ、様々な媒体で当社が独自に取材した注目企業の掲載記事をオンライン版として公開しています。

掲載をご希望の場合はこちらまで
s-comm@s-comm.co.jp

「2021年版 会社の流儀 厳選100社」

Amazonにて 好評発売中!

シニアリビング新聞 電子版

過去の記事

「乳酸菌生産物質」に賭けた人生2

「乳酸菌生産物質」に賭けた人生1