日本土地建物/神山 重子 社長

2021年03月23日

週刊朝日「Challenge 2021」掲載

「お客様を不動産で笑顔に」をテーマに女性も活躍
20周年には年商100億円目指す投資用不動産のプロ集団

日本土地建物

神山 重子 社長

「2020年は、五輪の延期やコロナ禍など、大変な一年でしたが、『お客様を不動産で笑顔に』をテーマのもとに集まった若き不動産の社員達や、何より、長年支持して下さるお客様方の支援のお陰で、事業や売上高への影響は驚くほど受けずに乗り越えてきました。21年4月入社の新卒採用も順調で、女性5名・男性4名の新戦力の入社を予定しています。嬉しいことに、入社予定の男性の内の1名が、インターン研修中に単独で1億円の物件の仕入れに成功する快挙を果たし、2名の女性が内定後の頑張りで既に宅建資格を取得してくれています。4月の正式入社に向けて頼もしい限りです」
 と、今年5月からの19期目に向けて確かな手応えを話すのは、2003年8月設立の投資用不動産販売会社、株式会社日本土地建物(略称=JLB)の神山重子社長だ。

 景気の変動や事業環境の変化で、売上の上下動が激しくなりがちな投資用不動産業界にあって、設立以来17期連続で黒字経営を継続し、21年4月の18期も前期比増収・増益を見込む同社。その安定成長の秘訣は神山社長が信条に掲げる、「『お客様の幸せは私の幸せ』を第一の経営理念に、身の丈に合った経営で、社員個々のプライベートも大切にしながら、無理せずコツコツ地道に成長を重ねていく」という、地に足の着いた経営姿勢にあるようだ。

仕入れ・不動産再生・売却の
一貫体制がプロを育てる

 19期目を迎えようとしている現在、同社は①買い取った中古物件にリノベーションを施し、投資用不動産として販売する「不動産再生事業」②自社で不動産を所有して安定的な収益確保を目指す「収益不動産保有事業」③購入や賃貸管理、売却など不動産に関する様々な業務をワンストップサービスで提供する「ソリューション事業」の3事業を総合的に展開している。
 中でも同社の大きな特徴は、独自のネットワークを通じて優良物件を最適価格で購入する、仕入能力の高さにある。
 営業担当者が対象エリアの不動産仲介会社をくまなく回り、新鮮な物件情報を収集し、良い物件をリーズナブルな価格で購入する。この日々の新規開拓活動は同社設立以来の伝統で、業者間でも評判だ。

 またリノベーションにおいても、建物の外観に街の雰囲気を明るくし、住んでみたくなるようなデザインを施す改修や、内装の床材にツートンカラーを採用するなど、細部にわたるデザインに工夫を凝らしている。その他、立地のニーズを考慮して間取りを変えるなど、資産価値向上につながる斬新なリノベーションを心掛けている。
 特筆すべきは同社が、物件の仕入れからリノベーション、販売まで一貫して物件担当の営業スタッフに任せる体制を敷いていることだ。各営業スタッフは一連のプロセスの各分野に精通でき、仕入れにおいては販売先を想定した、何処よりも早く効率的な情報収集が可能となる。リノベーションにおいても各専門業者との折衝を通じて「ゴールが見える」「やり甲斐を感じる」プロセスを味わうことになる。

「大手不動産会社と比べたら一件一件の効率は落ちるかも知れませんが、各営業スタッフが一歩一歩着実に幅広く学び、やがては不動産のプロフェッショナルに育っていくための近道だと感じています」
 と、不動産流通のプロセスを分業制で対応する事業者が多い中、神山社長はこの体制構築に込めた思いを話す。
 もちろん、最初は先輩社員とのマンツーマンのメンター制を敷いており、意欲ある人材には、成長の機会に恵まれた環境と言えよう。

若い力を結集。顧客に評判の
広報誌「JLBタイムズ」

「物件の仕入れで大切なのは『大化け』する物件をいかに見極めるか。優良物件に仕立てられれば入居者はすぐに付きます。また、当社ではストック収入を確保する長期保有物件を増やしており、担保余力が大きくなったことで融資が受け易くなり、さらに優れた物件を購入できるという好循環が生まれているのです」
 と、業績好調の要因を話す神山社長は続けて、今後の人材採用への意欲を話す。

「不動産業界ではまだまだ女性社長は少ないそうですが、これまで以上にこれからは、女性ならではの視点や発想が益々社会で必要とされることでしょう。4月入社の新卒の女性採用比率はおよそ半々。今後も女性採用を積極的に行っていくつもりです。もちろん男性社員のバイタリティも大切。若い力を結集し、細やかな女性社員との相互作用で目標は大きく、20周年を迎える頃には年商100億円の達成を目指しています」

 毎月2回発行の広報誌「JLBタイムズ」では、毎回個々の社員のロングインタビューを掲載。各々の人となりを表す入社の経緯や仕事への想いを紹介する他、活発な社内行事の様子も掲載。同社HP上で公開され、社風が分かると馴染の顧客にも好評だ。

[会社データ]
本社=東京都千代田区内幸町1-1-1帝国ホテルタワー18F
℡03-5501-0877
設立=2003年8月1日
資本金=3000万円
売上高=37億円(20年4月期)
事業内容=不動産再生事業、収益不動産保有事業、ソリューション事業等
https://www.j-tochi.co.jp

 

『注目企業オンライン』は各分野における優良企業を独自に取材し、トップインタビュー形式でご紹介しています。

関連記事

  1. 日本住宅ツーバイ/丸山 宗宜 社長

  2. 永田不動産/永田 勝彦 社長

  3. 日本土地建物/神山 重子 社長

『注目企業ONLINE』は「サンデー毎日」をはじめ、様々な媒体で当社が独自に取材した注目企業の掲載記事をオンライン版として公開しています。

掲載をご希望の場合はこちらまで
s-comm@s-comm.co.jp

「2021年版 会社の流儀 厳選100社」

Amazonにて 好評発売中!

シニアリビング新聞 電子版

過去の記事

「乳酸菌生産物質」に賭けた人生2

「乳酸菌生産物質」に賭けた人生1