テクノサイエンスシステムズ(tss)/松岡 進 社長

2021年07月13日

サンデー毎日「会社の流儀」掲載

電波暗室など理想的なEMC計測環境を提供

テクノサイエンスシステムズ(tss)

松岡 進 社長

 適正なEMC測定値を得るためには、周囲の電磁波環境に影響されない電波暗室・電磁波シールドルームなどの厳密な計測環境が必要になる。昨年12月、事業承継の形で設立された株式会社テクノサイエンスシステムズ(松岡進社長)は、EMC計測機器に精通した上で、耐妨害波機能を有する建築物の設計・施工を担う戦略企業だ。

 計測機器や計測対象によって異なる様々なスペックに対応。用途や設置場所、寸法など各種特殊仕様の要望にも、シールドドア・ターンテーブル・アンテナ昇降機・コントローラ等、自社開発の付帯設備を駆使して確実に応えている。

 設立以来、tsj社とのシームレスなワンストップ体制が相乗効果を発揮、分野を越えた数多くの新規受注に繋がっているという。
 近年、電磁パルス攻撃や太陽フレアによる電磁障害等、新たな脅威が囁かれているが、対抗するEMPソリューションにも両社で対応していく構えだ。

【会社データ】
本社=神奈川県川崎市高津区子母口398
℡044-750-0990
設立=2020年12月
資本金=4000万円
事業内容=電波暗室・電磁波シールドルーム設計・施工
https://www.tsscorp.co.jp

 

『注目企業オンライン』は各分野における優良企業を独自に取材し、トップインタビュー形式でご紹介しています。

『注目企業ONLINE』は「サンデー毎日」をはじめ、様々な媒体で当社が独自に取材した注目企業の掲載記事をオンライン版として公開しています。

掲載をご希望の場合はこちらまで
s-comm@s-comm.co.jp

「2021年版 会社の流儀 厳選100社」

Amazonにて 好評発売中!

シニアリビング新聞 電子版

過去の記事

「乳酸菌生産物質」に賭けた人生2

「乳酸菌生産物質」に賭けた人生1