220322 ナイスモバイル㈱/高 学軍 社長

2022年03月22日

サンデー毎日「会社の流儀」掲載

コロナ禍から生まれたニーズに応えて急成長
テレワーク、遠隔授業ツールは「指で押すだけ」

ナイスモバイル㈱

高 学軍 社長

 新型コロナウィルスの蔓延は私たちの働き方、学び方を大きく変えてしまった。そこから生じたニーズに応え、急成長を遂げている会社を長野県の松本市に見つけた。ナイスモバイル株式会社である。

 同社が販売するのはマイク、スピーカー、カメラ、タッチスクリーンが一体となったテレワーク、遠隔授業用ツール「MAXHUB Meeting Board(マックスハブ ミーティングボード)」だ。今、全国の企業や大学、行政機関等で採用され大活躍している。主な機能は
①電子黒板
②プレゼンテーション
③WEB会議システムの3つ。
「基本操作は指で押すだけですから、誰でも簡単に使うことができます」(高学軍社長)

 専用タッチペン(2色)でスクリーンに書き込めば、まるでチョークを手に黒板を使っているような感触だ。書いたあとは2本指で拡大縮小、移動、回転が自由自在。フリーハンドで描いた図形は自動識別機能で製図化できる。自動付与されるQRコードをスマホで撮影すれば、板書をPDFデータで保存できるのも魅力だ。

チョークや鉛筆のような書き心地を再現

 従来のプレゼンテーションの形も変えてしまった。なんとスクリーンからもパソコン画面への操作・書き込みができるという。また付属のワイヤレスドングルをパソコンに差し込むだけなので、ケーブルの接続不良問題も解消。「Air Play」や専用のアプリを使えばスマホ、タブレットの画面を投影することも可能だ。

 これらの機能や8㍍先の声も拾うマイク、さらに投票、タイマー、画面録画などの機能を駆使して遠隔地とのWEB会議を開催することになる。
ディスプレイは55㌅から86㌅まで5種あり、55㌅で約70万円(オープン価格)。購入後は年4回ほどのペースでバージョンアップケアを受けられる。

3倍ペースで急成長
かっこよく働こう

 中国・瀋陽出身の高社長が大志を抱いて来日したのは1997年のことだ。言葉は全くわからなかった。日本語学校、電気通信大学を経てソニーのパソコン事業会社に入り長野県へ。そして2016年に起業した。

 あれから6年、毎年前年比2~3倍のペースで売上を伸ばす急成長ぶりには、税理士や地元の銀行が驚いている。その原動力はMAXHUB Meeting Boardなのだが、販売を開始したのはコロナ上陸の1年以上も前のことだ。
 全国の主要都市には拠点がそろった。事業拡大を見据え人材を募集していく。ITの知識は一切問わない。今活躍中のメンバーも栄養士、CA、ホテルマンなど前職は様々だ。

 同社では7カ月分のボーナスとは別に半年に一度、10万円が支給される。これはスーツやカバンを新調するための手当だという。
「モチベーションを上げて、かっこよく仕事をしてもらいたいんです。それが得意先からの評価にもつながっていきます」(高社長)
 伸びている会社は発想がユニークだ。

【会社データ】
本社=長野県松本市新村2272
☎=0263—87—2298
社員数=40名
事業内容=タッチパネルの輸入販売、関連製品の導入プロデュース、開発・製造・販売
https://nicemobile.jp

 

サンデー毎日「会社の流儀」/ナイスモバイル株式会社
『注目企業オンライン』は株式会社エスコミュニケーションが各分野における優良企業を独自に取材し、トップインタビュー形式でご紹介しています。

ナイスモバイル株式会社

『注目企業ONLINE』は「サンデー毎日」をはじめ、様々な媒体で当社が独自に取材した注目企業の掲載記事をオンライン版として公開しています。

掲載をご希望の場合はこちらまで
s-comm@s-comm.co.jp

「2021年版 会社の流儀 厳選100社」

Amazonにて 好評発売中!

シニアリビング新聞 電子版

過去の記事

「乳酸菌生産物質」に賭けた人生2

「乳酸菌生産物質」に賭けた人生1