220412 有限会社かねや興業 サンガーデンエクステリア/堀金 伸司 社長

2022年04月12日

サンデー毎日「会社の流儀」掲載

「お客様の笑顔が見たい」。<お庭づくり>に専念して
15年の地域密着エクステリア工事専門店

サンガーデンエクステリア

堀金 伸司 社長

 折角建てた念願のマイホームも、玄関へのアプローチや駐車スペースなど、外構がただの砂利敷きでは満足感も半減だ。一般の住宅メーカーでは、建物本体を重視して外構工事まで予算が回らず、エクステリアが二の次になるケースが多々あるという。
 住宅建築において外構工事は下請け・孫請け業者が施工することが多く、下請け業者としては心ならずも、限られた予算で元請けの指示通りの施工に甘んじなければならないのが現状だ。

 公共工事や住宅基礎工事を行う一般土木工事業として1992年3月に設立し、今年30周年を迎えた有限会社かねや興業も、そんな下請け業者の一社だった。
 創業者の父親とともに土木工事業に携わってきた2代目代表の堀金伸司社長は、直接顧客と接することが出来ない下請けの宿命に飽き足らず、「もっとお客様に満足して貰いたい」と、2007年4月に一念発起。顧客の相談に乗り、納得の庭造りを提供する店として、たじみ創造館2Fに「サンガーデンエクステリア」多治見店をオープンさせた。

 10年1月に国道19号沿いのロードサイドに移転した後は、価格を明示した手書き風の親しみ易いチラシや分かり易い看板設置の効果も相まって、来店客が日に日に増加。11年2月の可児店、14年6月の恵那店オープンへと繋がっていく。

ゆっくり相談できる雰囲気の多治見店内

「多治見店オープンから15年、エクステリアに悩みを抱えるお客様がいかに多いかを実感しています。3店舗の店長には女性社員を起用し、『家族団らん♪笑顔があふれるお庭づくり』を合言葉に、親身になって相談に乗る接客を心掛けています。その姿勢の根底には、庭を造る時に絶対に守らなければならない『サンガーデンエクステリアの掟・五か条』が息づいています」
 と、堀金社長はエクステリア専門店の新しいビジネスモデルに自信を見せる。今年10月には、土岐市泉町に本社を新築移転。土岐店もオープンの計画だ。

好評のエクステリア商材
通販サイト・4店舗

同社のエクステリア施工例

 公共土木工事で創業した同社は、3月・9月に集中する工事を平準化するために95年4月に住宅基礎・外構工事部門に進出。10年1月には、一年を通じて受注が得られるように楽天上にエクステリア商材通販サイトをオープン。専門工事業者がお勧めする商品選びが好評で、今やエクステリア商材サイトNO・1に。続いて本店サイトYahoo支店Amazon支店をオープンさせるに至る。
 これらの施策は何よりも、安定した売上を確保して工事職人を始め従業員の生活の安定を図るためのもの。

 8年前から開始している新卒採用では、コミュニケーション能力を重視。施工した顧客先から5段階評価の「お客様の声」を募り、いかに多くの顧客に喜んでもらえたかで自社の業績達成度を測っている。

【会社データ】
(有)かねや興業本社=岐阜県土岐市駄知町909
℡0572-59-2326
サンガーデンエクステリア
多治見店・可児店・恵那店
設立=1992年3月
資本金=300万円
事業内容=エクステリア用品販売及び工事業等
https://kaneya-web.com

サンデー毎日「会社の流儀」有限会社かねや興業 サンガーデンエクステリア
『注目企業オンライン』は株式会社エスコミュニケーションが各分野における優良企業を独自に取材し、トップインタビュー形式でご紹介しています。

サンガーデンエクステリア 有限会社かねや興業

『注目企業ONLINE』は「サンデー毎日」をはじめ、様々な媒体で当社が独自に取材した注目企業の掲載記事をオンライン版として公開しています。

掲載をご希望の場合はこちらまで
s-comm@s-comm.co.jp

「2021年版 会社の流儀 厳選100社」

Amazonにて 好評発売中!

シニアリビング新聞 電子版

過去の記事

「乳酸菌生産物質」に賭けた人生2

「乳酸菌生産物質」に賭けた人生1