㈱レンタス/木村 孝広 社長

2022年04月19日

サンデー毎日「会社の流儀」掲載

「生活レンタカー」の躍進で「ニコニコレンタカー」は
コロナ禍をノックアウト‼

㈱レンタス

木村 孝広 社長

 全国に約1450店舗のFC店を擁し、コンパクトカー12時間2525円の格安料金を打ち出し、約1万7000台の車両を運営してコロナ禍をものともせず高稼働率を維持。毎年実施しているドライバーの認知度調査の直近のデータではユーザーから49㌫の高い認知率をあげている。

 人気の秘訣は日常生活の移動手段として手軽に利用できる「生活レンタカー」というコンセプトにある。2008年12月にガソリンスタンド(以下SS)の販売促進策で数々の新機軸を生み出してきた㈱MICと、SSの車販ビジネスを支援するシステムを開発・運営しているホームネットカーズ㈱の共同出資により誕生したのがFC本部である株式会社レンタスが主催する「ニコニコレンタカー」だ。

現在同社の代表取締役社長を務める木村孝広氏は、1993年に㈱MICに営業職として入社後、数々の現場経験を踏み15年に同社に出向し19年1月より現職に就いた。
「当初からの業態のあり方を深く認識しつつ、ネットワークが拡大した今、交通インフラの一端を担う企業としての責任のもと『良質で安全・安心な車両をお値打ちで提供する』というFC運営を行うとともに、時代のニーズに対応した新たな価値を創造し、より一層の認知度向上と利便性の強化に向け努力を重ねたい」
と、木村社長は旺盛な意欲を語る。

「ニコパス」アプリで
最短3分の出発進行‼

「ニコニコレンタカー」加盟店の多くは、SSをはじめ車関連の事業との兼業運営が主体。既存の人材や施設・駐車場などを活用することで運営経費を下げ、生活者に身近な立地での圧倒的な低価格を実現している。
近年の利用者ニーズが変化してきたことから、整備費も軽減でき満足度も高い車齢4年以下の車両(同社ではプラチナ車両と呼ぶ)に品揃えをシフトし、出資会社の有利なリースシステムを活用して円滑に進める仕組みを構築している。
 年間延べ1800万人のユーザーが訪れるWEBサイトや、年中無休のコールセンターでの受付によりコロナ禍をものともせず予約は好調だ。

 G・Wなどの繁忙期には車両が足りない瞬間もあり1店舗当たりの増車や新規店舗の開拓も急務である。創業当初は、電話によるコールセンターへの予約と来店客の店頭予約が中心であったが、今ではアプリを含むネットでの予約が7割を超え、中でも19年に本格稼働したスマホアプリ「ニコパス」による予約が25㌫を超えている。「ニコパス」は通常15分程かかる貸渡手続きを3分に短縮するだけでなく、今後「ニコパス」を使った無人貸渡のシステム等、レンタカーの近未来の発展形に寄与するアプリであり、会員100万人を目指している。

[会社データ]
本社=神奈川県横浜市港北区新横浜2-6-1 アーバス新横浜8F
℡045-522-5678
設立=2008年12月
資本金=2000万円
事業内容=「ニコニコレンタカー」FCの運営等
https://www.rentas.co.jp

 

『注目企業ONLINE』は「サンデー毎日」をはじめ、様々な媒体で当社が独自に取材した注目企業の掲載記事をオンライン版として公開しています。

掲載をご希望の場合はこちらまで
s-comm@s-comm.co.jp

「2021年版 会社の流儀 厳選100社」

Amazonにて 好評発売中!

シニアリビング新聞 電子版

過去の記事

「乳酸菌生産物質」に賭けた人生2

「乳酸菌生産物質」に賭けた人生1