220426 ㈱アイウィル/染谷 昌克 社長

2022年04月26日

サンデー毎日「会社の流儀」掲載

習慣を変える。考える力を伸ばす。意識を高める。
元に戻らない!?3段階式社員教育システム

㈱アイウィル

染谷 昌克 社長

 今や社員の教育は企業の必須課題。しかし、社員を外部の研修やセミナーに送り出したものの、学んできたことが長続きしない――。そんな経営者の悩みを解決する〝実務に活きる・元に戻らない〟研修でこれまで2000社・5万人以上を変革させてきた社員教育のエキスパート集団が株式会社アイウィルだ。
「会社の目的は存続。そのために必要な『人』『モノ』『金』『情報』を動かすのは全て『人』です。人が育てば会社が育つ。人材育成にお金をかけて潰れた会社はないと思いますよ」
 と話す染谷昌克社長。ベストセラー『上司が鬼とならねば部下は動かず』の著者、染谷和巳氏から7年前に同社の経営を継承した。

 短期間で「売り切り型」の研修メニューも多い業界だが、同社のスタンダードな社員研修は3段階式の長期自己啓発研修。2泊3日の集合研修で、基本行動の見直しと、参加者が自身の仕事の幅を広げるため20個の行動指針「二十の誓い」を立てることから始まる。
さらに合宿から戻った後の6カ月間、講師が通信教育によって指導を継続。「二十の誓い」の実行はもちろん、100冊のリストの中から毎月最低3冊の本を読み、読書の習慣を身に付ける。ジャンルは自己啓発だけでなく文学・歴史小説など古今東西様々だ。
「読書は知識だけではなく、ものの見方・考え方が広がります。モノ事を柔軟に受け止めることができ、本質を理解できるようになります」(染谷社長)
 通信教育では漢字や計算、ことわざなど家庭や学校で学んできたことを再教育。数字の持つ意味を理解し、知らないことを調べ「考える力」のベースを作る。

  最後は、フォローと成果確認の完成研修を行う。合宿と通信教育と組み合わせることで職場を離れる時間を最小限に抑えながら、長期間にわたって徹底的に習慣づけを行う同社の研修は成果が持続するだけでなく、「人間力」も育まれる。
他にも階層や属性、テーマに合わせて多彩な研修メニューを揃える同社。「経営者養成研修」は豊かな人間性や感性を身につけることで〝運をつかむ〟研修だ。
「会社経営は山あり谷あり。『運が良い』と言われる経営者は、『谷』の時に『山』に登る機会と出会えるものです」(染谷社長)

人を財産にする会社
SNSで動画配信も

 クライアントだけでなく、自社も「人を財産にする会社」を体現する同社には、様々な職種から入社した講師が揃う。「〝もう一押し〟の説得力は人生経験がものをいう。若くても色々な経験をしてきた人は伝え方に幅があり、説得力も抜群」と、彼らとともに価値ある人材の創出を目指す染谷社長は、4月から情報発信のSNSをスタート。「人」を育てることで、企業の成長・存続を目指すリーダーは是非確認してもらいたい。

【会社データ】
本社=東京都文京区春日1―11―14SG春日ビル4F
☎03―5800―4511
設立=1988年6月
資本金=2000万円
従業員数=53名(パート含む)
事業内容=企業・団体の社員、幹部社員の研修など
https://www.iwill-kensyu.com

 

サンデー毎日「会社の流儀」/㈱アイウィル
『注目企業オンライン』は株式会社エスコミュニケーションが各分野における優良企業を独自に取材し、トップインタビュー形式でご紹介しています。

株式会社アイウィル

『注目企業ONLINE』は「サンデー毎日」をはじめ、様々な媒体で当社が独自に取材した注目企業の掲載記事をオンライン版として公開しています。

掲載をご希望の場合はこちらまで
s-comm@s-comm.co.jp

「2021年版 会社の流儀 厳選100社」

Amazonにて 好評発売中!

シニアリビング新聞 電子版

過去の記事

「乳酸菌生産物質」に賭けた人生2

「乳酸菌生産物質」に賭けた人生1