220524 ㈱五洋ロジテック/井上 明 社長

2022年05月24日

週刊朝日「Challenge 2022」掲載

顧客ニーズに応え続けて70年
喜ばれるだけでなく、尊敬される会社であれ

㈱五洋ロジテック

井上 明 社長

 どんなにすばらしい商品でも、消費者のもとに届かないことにはその価値を発揮しない。必要なものが、必要な時に、必要なだけ届く。物流なくして私たちの生活は成り立たない。
 世界を取り巻く5つの大海洋を社名に冠し、小型車から運送業をスタートさせた株式会社五洋ロジテック。今なお発展し続ける中で、創立70周年を迎えた。

 中でもこの15年間は、埼玉県の浦和と加須の両事業部で保管、輸送を確実にこなしながら、顧客からのニーズに応える形で流通加工の強化に努め、さらには販売まで手を広げてきた。
 教材メーカーの正進社からは、テスト教材の断裁から製本、全国発送までを請け負う。そのために断裁機などをそろえた。教材の販売も勧められ、代理店「ブックス五洋」を立ち上げて、川口市内の小学校で営業活動を展開している。
 お菓子を始めとする食品も同様だ。機械をそろえてシュリンク包装、梱包作業などに対応し、販売も手掛ける。

東北道・加須IC目前にある加須物流センターの流通加工ライン

就任と同時に改革断行
100年企業めざす

 井上明社長が入社したのは今から16年前、35歳の時だ。父であり先代の井上雅男会長からは、一度も後を継いでくれと言われたことはなかった。だから二十代は様々な職業を経験した。東京広尾のタイ料理店で店長を任されたことも。
 30歳を前に家業を継ぐことを自ら決め、運送会社の営業職に。5年間の修行を経て入社後は、先ほどの販売業務を提案した。

 4年前、47歳で社長に就任したが、社の業績は低迷していた。さっそく改革に乗り出した。運賃等の料金体系を見直すとともに、半分しか埋まってない倉庫は賃貸に回し、保管場所を集約。人の配置換えを断行し、女性役員を登用した。トップダウンの社風を変えるために、現場の声にも耳を傾けた。すると新しい発見、なるほどと唸る場面が何度もあった。今では社員の方から提案してくれるまでに。

 間もなく業績は好転し、給与水準は大幅にアップ、決算賞与の連続支給も叶った。コロナ禍においてはそれを逆手にとって、繁忙期の長時間労働もやめた。ところが出荷量は例年とほとんど変わらなかったという。
「失敗から学び成功して成長する」との信念から、「若手育成のためには、事業所を増やしてポストをつくる必要がある」と言う。その一環として、この秋には危険物倉庫が竣工の予定だ。

 社員には「お客様に喜ばれるだけでなく、尊敬される会社に」と呼びかける。自らも経済誌を読み、経営セミナー等に足を運び、日々学ぶことを忘れない。この6年間は地元サッカー少年団の指導者として、地域貢献にも汗を流した。
 100年企業をめざす。そのために井上社長が、次はどんなシュートを繰り出すのか、注目したい。


【会社データ】
本社=東京都港区新橋6-19-19 アセンド新橋4F
☎=03-5404-7800
創業=1951年12月
資本金=1000万円
事業内容=保管、貨物輸送、物流加工、販売の各業務
http://goyologitec.jp

 

週刊朝日「Callenge2022」㈱五洋ロジテック

『注目企業オンライン』は株式会社エスコミュニケーションが各分野における優良企業を独自に取材し、トップインタビュー形式でご紹介しています。

株式会社五洋ロジテック

『注目企業ONLINE』は「サンデー毎日」をはじめ、様々な媒体で当社が独自に取材した注目企業の掲載記事をオンライン版として公開しています。

掲載をご希望の場合はこちらまで
s-comm@s-comm.co.jp

「2021年版 会社の流儀 厳選100社」

Amazonにて 好評発売中!

シニアリビング新聞 電子版

過去の記事

「乳酸菌生産物質」に賭けた人生2

「乳酸菌生産物質」に賭けた人生1