230822 ㈱T・S・G/関根 敏也 社長

2023年08月22日

サンデー毎日「会社の流儀」掲載

使う人の快適を考える総合設備設計事務所
信頼の決め手は「高品質の提供」「工程遵守」

㈱T・S・G

関根 敏也 社長

 空調や電気、給排水といった建物のインフラ機能を最適化することで、快適な室内環境を創造する「設備設計」。人体に例えれば脳や神経、臓器、血管にあたる様々な設備を設計・監理する設備設計のスペシャリスト集団として、全国屈指の実績を誇るのが株式会社T・S・Gだ。

「例えば、コンセントの数や位置も私たちが考えます。社員には常に使う人の立場に立ち、何不自由なく使っている姿を想像しながら『当たり前の設計』を目指そうと話しています」
 こう語るのは、2016年9月に就任した関根敏也社長。大蔵省(現・財務省)から設計業界へと転職し、設備設計の面白さと奥深さに魅了されたという。

 高度な空調システムを中心とする機械設備と、電力・情報通信システムを核とする電気設備を一貫体制で手掛ける同社。病院や研究所、学校、福祉施設といった難易度が高い建物に有する豊富な実績からも、実力の高さが窺える。

「告示で定められた方法で算出している当社の設計料は決して安くはありません。それでも多くのお客様から支持して頂いているのは、『高品質の提供』と『工程遵守』を徹底しているから。それが他社との差別化に繋がっていると思います」
 と関根社長が話すように、同社の強みは限りなくミスの少ない設計図書と工程を守ること。経営理念にも掲げるこの強みを磨きながら、常にアンテナを立てて新しい技術を吸収してきた。

全国トップ5を目指して
さらに風通し良い会社へ

吉岡 成晃 副社長

「自分達が設計した建物を目にし、お客様から感謝された時の喜びが仕事のやりがいです」     
 と話す関根社長が就任以来、常に目指しているのが「風通しの良い会社」。しかし、当初は思い描いたようには進まず、経営陣と社員たちとの〝見えない壁〟に直面したという。

「アンケートを取ってみると、会社への思いや経営理念の理解にボタンの掛け違いがあるとわかりました。その時〝私が社員と同じ土俵に立っていない。どこか高い所から話をしていたのではないか〟と気づいたのです」

 と振り返る関根社長。今後は人事評価制度やスキルマップ、給与テーブルの刷新などを実行し、若い社員が夢を描ける環境づくりを推進する。「業界をけん引するリーダーとなるために、社員満足度の向上、知名度の向上、技術力の向上を進めていくことが、喫緊の対応である」と吉岡成晃副社長も話す。 

 全社一丸となって「全国の設備設計事務所のトップ10に入る」という目標を早期に達成し、トップ5、そしてナンバーワンへと駆け上がる。

【会社データ】
本社=東京都豊島区南大塚3―37―5 大塚台パークサイドビル2階
☎03―5911―6200
設立=1974年11月
資本金=1000万円
社員数=37名
事業内容=建築設備に関する調査・企画・設計・積算・監理・コンサルタント業務
http://www.kk-tsg.co.jp

 

サンデー毎日「会社の流儀」 ㈱T・S・G/関根 敏也 社長
『注目企業オンライン』は株式会社エスコミュニケーションが各分野における優良企業を独自に取材し、トップインタビュー形式でご紹介しています。

㈱T・S・G/関根 敏也 社長

『注目企業ONLINE』は「サンデー毎日」をはじめ、様々な媒体で当社が独自に取材した注目企業の掲載記事をオンライン版として公開しています。

掲載をご希望の場合はこちらまで
s-comm@s-comm.co.jp

2023年8/31発売!

豊島区長・高野之夫の区長日誌

日本シニアリビングWEB STOREでご購入いただくと送料無料です

シニアリビング新聞 電子版

「乳酸菌生産物質」に賭けた人生2

「乳酸菌生産物質」に賭けた人生1