スクーナー/樋口 信行 社長

2021年04月20日

週刊朝日「Challenge 2021」掲載

夢とスピードで切り拓いた40年
甘えびで美と健康を食卓へ運ぶ

スクーナー

樋口 信行 社長

 寿司ネタとしても人気の高い「甘えび」や日本の伝統食材である「鯨」などの販売で、業績を上げ続けているのがスクーナー株式会社だ。主力の北欧、カナダ、ロシア産のミネラル豊富な天然甘えびは、姉妹会社の株式会社洋星を通して卸され、日本の食生活に彩を添える。
「甘えびにたっぷり含まれるアミノ酸は、コラーゲンの主原料。健康や美容の観点からも魅力的な食べ物です」
 と語るのは、御年85歳の樋口信行社長。甘えびを赤くするアスタキサンチンも医学・薬学・栄養学の分野で美肌との関連性が研究されている。
 甘えびの輸入販売を始めて40年。大手の水産会社や商社を向こうに回して今日までこれたのは、頑固なまでに品質にこだわり、厳しいチェック体制を敷いてきた賜物だ。

 同社の技術社員がトロール船に乗り込み、海の状況や船のコンディションを読み取りながら、商品の鮮度を見分け、前処理方法を指示し、凍結状態を判断する。現地スタッフにも品質管理には徹底した指導を行ってきた。さらに本社と現地が連絡を密にして市場ニーズを捉え、より良い状態で商品を提供していく。

甘えびとの劇的な出会い
最高名誉勲章を受章

 樋口社長は東京水産大学を卒業後、大洋漁業(現・マルハ)の捕鯨部、海外事業本部勤務を経て独立。新たなビジネスを求めて調査に訪れた北欧で、水揚げされた甘えびの鮮やかな赤色に目を奪われた。ボイル加工を施し輸出すると聞いて、樋口社長は考えた。
「これを生のまま日本に運んではどうだろうか」

 漁業関係者のアドバイスに従い、すぐさまグリーンランドに渡った。しかし契約の話は難航し、失意のなか日本に引き揚げることになったまさにその日。小さなトロール船のオーナーが声をかけてきたのだ。
 当時40代の働き盛り。最後のチャンスに夢を託し、即決した。同社の社訓「夢とスピード」はこの体験がもととなっている。この時詠んだ歌が「我が力 試してみるか 架け橋に 緑島から 春風ぞ吹く」だ。
 ただちに船を改造した。船体を真っ二つにして増築したのだが、水産大学で学んだ知識や大洋漁業時代の経験が大いに活きた。
 後年、グリーンランドの外貨獲得に貢献した功績が認められ、自治政府から外国人初の最高名誉勲章「ナサナット・イン・ゴールド」が樋口社長に贈られた。

【会社データ】
本社=東京都中央区勝どき2-18-1黎明スカイレジテル西館3F
☎=03—5546-1246
設立=1978年9月
売上高=140億円
事業内容=水産物販売、水産技術コンサルタント
http://www.schooner.co.jp

『注目企業オンライン』は、各分野における優良企業を独自に取材し、トップインタビュー形式でご紹介しています。

関連記事

  1. スクーナー/樋口 信行 社長

  2. 倉持産業/倉持 一彦 社長

  3. 大栄フーズ/岡 康人 社長

  4. 大栄フーズ/岡 康人

  5. ライフメイト/中島 祥行 会長

  6. 光英科学研究所/村田 公英 社長

『注目企業ONLINE』は「サンデー毎日」をはじめ、様々な媒体で当社が独自に取材した注目企業の掲載記事をオンライン版として公開しています。

掲載をご希望の場合はこちらまで
s-comm@s-comm.co.jp

2020年版 会社の流儀 厳選100社

Amazonにて 好評発売中!

過去の記事

「乳酸菌生産物質」に賭けた人生2

「乳酸菌生産物質」に賭けた人生1