尚美ミュージックカレッジ専門学校/山本 正壽 学校長

2022年06月28日

週刊朝日「注目の専門学校」掲載

創立96年の歴史を刻む「音楽を仕事にする学校」。
クラムボンやピエール中野など実力派ミュージシャンを多数輩出。
落語家で真打昇進の蝶花楼桃花もミュージカル学科OBだ。

尚美ミュージックカレッジ専門学校

山本 正壽 学校長

『レジャー白書』(公益財団法人日本生産性本部)によると、音楽産業(ソフトビジネス含むパッケージとライブビジネス)は1兆円弱に及ぶ市場だ。特に2011年で3026億円だったライブビジネス市場は20年には6395億円と2倍以上に達した。周知の通り、コロナ禍によって深刻といえる打撃を被ったライブビジネスだが、一方で新しい形態の配信ビジネスが発展する契機をもたらした。
 片や縮小化が進む音楽パッケージビジネスは、近年で配信ビジネスが著しい上昇を見せ、21年のストリーミング市場は前年の126㌫増で伸ばしている。

 こうして音楽市場が大きく形を変える中で、東京都認可の専修学校である尚美ミュージックカレッジ専門学校の入学者数は今年度も昨年、一昨年に続き堅調だ。コロナ禍においてこれからの時代に何が求められているのか、若い世代は敏感に察知しているのだろう。

「今の学生たちは皆クレバーで、音楽の仕事で何をどのように武器として身に付ければ、生き残っていけるのかをよく考えて本校を選んでくれていると感じます」
 と話す山本正壽学校長は、同校で30年以上の教員経験を持つ。現在も1年生と卒業年次生の週1コマずつ授業を持ち、学生たちの気持ちや思考に接する場を大切にしている。

デビューへの夢を強力にバックアップ

 同校は現在約1200名の生徒数に対し教員約300名(非常勤含む)、職員100名と手厚い指導体制による担任制で、生徒一人ひとりに寄り添った「パーソナル教育」「実践教育」「コラボレーション教育」をベースに音楽市場で必要とされる人材の育成を進める。
 学科は2年制で10学科、4年制で1学科の演奏・表現・制作に関連する11学科構成によって集約。必要な知見を備えた「SHOBIスタンダード」を卒業生全員が身につけ、各音楽業界へ輩出している。

 特に同校は、音楽ビジネスの収益と向き合う上で極めて重要な知的財産管理技能検定の取得を強化。知的財産管理技能士会所属の会員を講師に招き、専門学校としては2年連続で1位(40回知的財産管理技能検定実施結果データより)となる多くの合格者を輩出してきた。

 就職希望者就職率は92・6㌫(今春実績216人中200人)、就職をゴールとする「エンタテインメントプロデュース部門」に限ると97・7㌫(今春実績132人中129人)と、このコロナ禍において平時よりも高い就職率を挙げた。

キャリアセンターが、音楽業界への就職を全面サポート

「1万5千人の卒業生が社会で活躍し、学内で行う合同企業説明会に企業の担当者として来て頂いたり、やがては教員として戻ってくださる方もいる。理想的な循環が生まれています」
と話す山本学校長。同校は4年後に創立100周年を迎える。
「100周年がゴールではなく次の時代へのスタートと捉えて、教育環境の変化にも対応しながら、『尚美に頼めばなんとかなる』というような、リアル版ポータルサイト的な役割を果たしていきたい」(山本学校長)

尚美ミュージックカレッジ専門学校
東京都文京区本郷4丁目15-9
☎0120-039 881(広報・入学相談課)
https://www.shobi.ac.jp

 

 『学長インタビューWEB』は全国の注目すべき大学や各種専門学校を独自に取材し、トップインタビュー形式でご紹介しています。

関連記事

  1. 熊本学園大学/幸田亮一 学長

  2. 広島工業大学/長坂康史 学長

  3. 東京愛犬専門学校/窪田 武雄 校長

  4. 東京交通短期大学/松岡弘樹 学長

  5. 大阪行岡医療大学/池田 昌弘 学長

  6. 大妻女子大学短期大学部/伊藤正直 学長

『学長インタビュー』は「週刊文春」「サンデー毎日」などで当社が独自に取材した注目すべき大学の掲載記事をオンライン版として公開しています。

『豊島区長・高野区長日誌』発売中!

日本シニアリビングWEB STOREでご購入いただくと送料が無料です。

過去の記事